ドラクエ10のプレイ日記、自己流攻略、レベル上げ方法、チーム活動について書いています。今はMH4、他ゲーム、その時の気分で色々書くかもしれません。

【FF15ネタバレ注意】DQ11感想記事公開前にFF15プラチナトロフィー取得までやってみて思う事
かえでドレスアップ

えっ、DQ11の前回ネタバレ感想記事からすごい時間が経ってまさかのFF15記事って何!??
っていう、声が聞こえてきますよね・・。はい。

DQ11の記事を3つ書き上げているのですが以下の理由で未公開のままなのです。
■理由
1.まだまだ早いからネタバレ気にするなと言っても見に行きたくなるから困るという嬉しいご意見を頂いたこと。
2.好きだから故の人によっては批判に読み取れるような文章の推敲


理由1については配慮が足りなかったなという反省。
見たくない人は見ないで大丈夫とはいえ、せっかく記事があるのだから見たいと思う人がいてくれるわけで自分が語りたかったから時期早々だったかなと思っています。

理由2については非常に難しい問題。人によって好みの部分は異なるわけで不快に感じる人も出ると考えて見直し中です。

そんな中ですがFF15をプラチナトロフィーまでクリアしました。
私が大好きなタイトルとしてDQ以外にもFF(ファイナルファンタジー)があります。
最新のDQ11を語る際にFF15で受けた思いはすごく大事だなと思ったので書いておきたいと思います。

■FF15をプラチナトロフィーまで行った感想(まとめ版)

FF歴:リアルタイムでやったのはFF5以降になります。FF11,14,ライトニングリターンズ未プレイ
FF1(iアプリ版)、FF2(FC版、iアプリ版)、FF3(FC版、DS版)、FF4(SFC版)、FF5(SFC版、アドバンス版)、FF6(SFC版、アドバンス版)、FF7(通常、インターナショナル PS版)、FF8、FF9(2周目でエクスカリバーⅡ取得まで実施)、FF10(通常のみ、インターナショナル未プレイ)、FF10-2(通常のみ、ラストミッションのみ追加クリア)、FF12(通常のみ、インターナショナル未プレイ)、FF13(プラチナトロフィー取得)、FF13-2(プラチナトロフィー取得)

FF15実施の状態:
・初回プレイ時のバージョンはかなり最新(2017/6アップデート反映済み)。レガリアTypeDあり。モグチョコカーニバルも実施。
・映画キングスレイブをBDで視聴済みでスタート
・アニメブラザーフッドは未視聴(今も見ていない)
・追加DLC未購入(EPグラディオ、プロンプト出ていますが未購入、未プレイ、情報も見ていない)

■総合感想
ゲームとして面白いとは思えた。
しかし個人的にはFFとしての満足度は低かったです。

■音楽
非常に良かったです。当たり前ですが新曲ばかり!
下村陽子先生素晴らしい。

お気に入りの曲:Somnus(タイトル)、Wanderlust(フィールド)、バトル曲ほぼ全部!、APOCALYPSIS NOCTIS(召喚獣戦など)、Magna Insomnia(ラストバトル)

■グラフィック
素晴らしいです。
が、不思議とFF7を初めて見た時、FF10を初めて見た時、FF13を初めて見た時の感動まで行きませんでした。
これは今のゲームがグラフィックすごくなっているから仕方ないのかもです。

■声優
声は非常に合っていて良かったです。
NPCの売店キャラの声はイマイチだったけど、そこはまあどうでもいいよねw

■ミニゲーム関係
釣りは力が入っておりこれだけでゲームになりそうなくらい。本格的ですごいです。
ジャスモンというピンボールゲームも力が入っています。

■キャラクターの魅力
良いキャラはいるのですが掘り下げが足りず魅力やキャラの背景が伝わってきませんでした・・

■ストーリー
要所では良いシーンもあるのですが言えるのは物足りないという事

■バトル
バトルのアクションの動きはかっこよかったり色々出来て素敵だなと思いました。
しかしバトル自体はそこまで楽しいかというと仲間があまり役に立たないこともありそこまで良いとは思えませんでした
乱戦だとターゲット選びにくかったりと不満は多い感じ・・。

■クリア後要素
クリア後の要素としては失礼ですが開発者の自己満足を感じました
アクションダンジョン、飛空艇の代わりのものが手に入っても着陸で死んだりと正直ここで大幅減点・・。
私は、はっきり言っておもしろくなかったです。
高難易度ダンジョンもあるのですが報酬がミニゲームで取れたり道に落ちているものだったり難しいというより面倒なだけで辛さを感じました

■システム面
まず移動が車なのですが、この操作があんまり快適では無い。
ファストトラベルと言う一瞬で移動する仕組みがあるものの、車の場所から実施しないと行けなかったり、車でパーキングしないと登録されないなど面倒。歩いたりチョコボで行っても登録されないので車でまた行くことになります。
なによりもロードが長すぎてこれがこのゲームで一番つらいところでした。

■世界観
車、道路、スマホなど現代っぽさとゲームの内容があまり合ってない印象。
両方狙って中途半端になった感じ。

■アプデがどんどんおこなわれるオフラインゲーム
オンラインゲームと違ってオフラインゲームは一度クリアして離れるとなかなかまたやろうと思えないので発売時に不足していた点を順次アップデート(しかも超長い期間・・)は改めて嫌だなと思えました・・。
私がやったバージョンだと購入当初の人と比べると大分快適になっているのだと思います。


私はLIVE・A・LIVE、サガフロンティア2などのゲームも好きなのですが、もしこれらがFFというタイトルでナンバリングならものすごく世の中で叩かれていたと思います。
FF15は個人的にはFFのタイトルでは無ければすごい評価高くて最高位だったかもと思います。
この根幹は、あまり意識していなかったのですが私の中でのFFとはこうあるべきというものがあるからなんだなと痛感しました。

この時点でめちゃくちゃ長いですがネタバレありの感想を”続きを読む”以降に書きます。
興味がある人は是非どうぞ。
~ここから追記部分~
ネタバレありでFF15について言いたいことを書いていきます!
未プレイだったりネタバレ嫌な人は申し訳ありませんが、戻る推奨です。

















■映画キングスレイブFFはオススメ!
デラックス版なので映画が付いてきました。これはゲーム内で語られなかったルシス王国と帝国の話が描かれておりこれ見るの必須レベル。
見てないとストーリーの評価は更に下がっているでしょう・・。

内容はとてもよかったです!
FF15のゲーム本編に期待しちゃう感じになりイントロダクションとしては素晴らしいと思いました。

■省略されすぎてる感じがあるストーリー展開
クリアした人は全体的に感じると思うのですが、省略しすぎじゃないの!?ってところとそれ何の意味があるの!?ってところ。

ゲーム開始時にいきなりラストのイフリート戦から始まり、本当の最初に戻ります。
FF10も似た様にザナルカンドから始まり、実はそこからザナルカンドまで物語は”回想”で語られているんですよね。
音楽も良く演出面もあいまってザナルカンドについてある決断を下す流れは感動できました。
今でも大好きなシーンです。

しかしFF15ではこれを冒頭に出した意味わかりません。
すごく楽しみにしていたところだったのですが「??????」って感じ。
意味無いとしか思えませんでした。

ラスト前に10年時が経過してもその間の事が何も語られず、そもそも10年待った意味ってありました・?・。

ヒロインのルナフレーアの死亡も後から考えるとなんで?って感じ。

グラディオが途中離脱して戻ってきて傷増えてレベルが上がってるわけでもアイテム持ってきてるわけでもないのも謎だったし、
イグニスの失明とか失明した理由が不明だし失明させる意味が無いと思うし10年後で普通に戦えて料理出来るなら目が治ってる方が良かったような・・。
プロンプトの帝国軍設定でかつ扉を自由に開けられる設定とか「????」すぎました。
これらは追加料金有のDLCで話し回収するために切り取った感じしますし、追加料金を取るDLCって各キャラに魅力を持たせてもっと話が見たいって気持ちにさせるべきだと思うのですよね・・。

キングスレイブを見てると余計にそう思うのかもですが帝国軍との戦い、一部が仲間になるなど想像してワクワクして話を進めました。
しかし9章から気づいたら帝国は自滅。
肝となる将軍(すごい良いキャラ、声優も中村さんで素敵)に関してはいきなり「処刑されます」とラジオのアナウンスで、出会ったら死亡しててシガイになり襲い掛かってくる。
本当はここでキャラの掘り下げ出来ていたら感動出来なバトルだと思いました。
しかし特に印象もなくバトルのみ。

皇帝に関しては強めのシガイで倒した後に気づくという・・。仲間のセリフで気づいたので聞き逃す人もいたのでは!?

ラストは何故ノクトまで死なないといけないのかよく分からず終わりました・・。うーむ・・。

■キャラの深堀が無さすぎる
サブクエストは恐らく車事故、避難民のやつ以外は終えました。

サブクエスト依頼してくるキャラの方が話す回数多いのでメインキャラより印象的な感じ。
ただしサブクエストもほぼ同じような内容の繰り返しでキャラの魅力を掘り下げるようなことはありません。

ヒロインであるルナフレーア。
出番が少なすぎましたしノクトと好きあっていたのかも謎と思う位。
とにかく思い入れが生まれませんでした。

イリスと一緒に行動できる章の様なところを増やせばもっと良かったと感じました。
一緒に行動出来たこともありイリスはとてもよかったですね!
ただ納期やコストの関係で出来なかったんだろうなあという感じ・・。
アラネアさんもキャラすごくいいのに勿体ない。
一番勿体ないのは敵の将軍レイヴスですけど。

旅の仲間3人は一緒に良くいて話してくれるから親近感は生まれるのですが、そこで生まれた思いは旅の仲間では無くただの友達です。
旅と言うよりは青春時代にバカやっても付き合ってくれる友達っていいなって感じ。

■本題:快適に遊べることの重要さに気づかせてくれた本作
NHKのDQ特番で堀井雄二さんが言ってた言葉


「やる人間の身になってつくるということ。本当に基本的なことなんですけど、ここを外しているゲームは少なくないってのがあると思うんですよね。いきなり遊ぶ側が作り手に回っちゃうとしめちゃおうとする。」

「楽しんでもらう考え方じゃなくて難しくしてやろうって考え方で作っちゃう。それは機械しかみていなくて、遊ぶ人間をみていない。モニターの向こうに人をみてもらえれば、きっとこんなゲームはやれないよというゲームにはならない」


この言葉はゲームクリエイターの方は肝に銘じて欲しいと思いました。
どうしてもユーザに対して難しく作りたくなるんでしょうね。

FF15で非常に感じたのはめんどくささです。
まずローディングが長い。
サブクエストを受けてクリアまでやるには歩くと遠すぎるのでファストトラベルを用いたワープを使うのですが、これがすごくローディングが長い
クリアした後に車が空を飛べます。
それを使って隠しダンジョンに向かうのですが着陸失敗するとゲームオーバー
再開する時に長いローディングからなので死んだときのストレスが半端ないです。
着いた先にもRPGでもアクションが出来るんだ!というスタッフの主張のダンジョン・・、うーんって感じ。

料理の素材がどこに落ちてるか、どこに売ってるかもゲーム内で調べられないですし色々面倒でした。

ノーヒントで世界各地のどこかにいるカエルを5匹集めて来なさいとか地獄レベル。
探すのが大変なのもあるのですがローディング長いから散策が苦痛になるんです。
ローディングが嫌なので攻略サイト見て終わらせちゃいました・・。

ロードの長さを技術面で解決できないならモンスター討伐のモブハントは複数受注出来るようにするなどの工夫が欲しかったです。


すごいゲームにするぞって言う気持ちはあるのでしょうが、プレイヤーを見れてないと感じました。

■付加要素はメインがすばらしいとプラスだが、そうじゃないとマイナスに感じるという事の気づき
おにぎりの画質をすごくしたなどありましたね。
これってメインが本当に満足な内容なら、みんな大絶賛だと思うんです。
でも今回はメインで満足してない人が多い為、「そんなことしている暇あったらもっと違う所にお金をかけろ」って感じになるんだなと思いました。

料理はたくさんありレシピを覚えて集めること自体は楽しいですが料理の90%以上は無くても良いレベルなので力のかけ方がうーん・・って感じです。

■売るためとは言え、発売前の強気発言がマイナス
発売前にこんなことを言って期待を高めていてそれを守れてないことは信頼の低下に繋がりますね。
改めて感じました。

「必要なことはやり尽くした」
「ここまでやるのがFFだ」


これを見ると期待しかないですよね。
結果、アップデートで色々補完しますと言うのは流石にみっともないかな。

■私が知らぬうちに抱いていたFF感
私はFFって話の繋がりもないし毎回毎回全然違う感じであることに違和感はありませんでした。
現に今まで「これはFFじゃない!」とか思わなかったし。
FF10-2すら好意的に受け止めたくらいのFF信者レベルですからね!
FFは全部好きなのですが意外と言われるけれどFF9はすごく好きです。
FF4,5,6,9,10が話として好き。
FF12はFF15に近い感情でストーリーが勿体ないって感じましたがそれを上回るシームレスでの感覚、やりこみがあって好きです。BGMも良いですよね~。

今回のFF15は初めて「これがFFのナンバリングじゃなかったらすごく良いゲームと感じたのに・・!」と思ってしまいました。
私の中でFFって「最高のグラフィック」「仲間キャラが魅力的・大好き!」「音楽が良い」「バトルが楽しい」「ストーリーが良い」という要素が強いんだなって感じました。
特に今回は仲間キャラの面、ストーリーで満足出来ていない自分がいます。
FF13もキャラの掘り下げは不十分に感じましたが、それでもうまくキャラの魅力が引き立っていたと思うんですよね。
バトルに関しては仲間固定でかつバトル内役割が不十分で後半は死亡させっぱなしで戦ってたりしていましたし、そこがな~・・。
私のバトルテクニックの問題もあるでしょうけどね。

■とはいえゲームとしては面白かった!
プラチナトロフィーまでやっている事が証明している気もしますが、ゲームとしては好きです。
まず音楽がすごく良いです。
フィールドの曲と複数部構成になっており素敵な自然で音楽を聞いてるだけですごく良い気分になれます。
後は召喚獣タイタンで流れる曲「Apocalypsis noctis」とか本当に良い出来。
最終バトルの「Magna Insomnia」とか本当に神曲でしょ!
バトル系BGMは全部良いと言える出来です!

あとは自由に動けるパートではいきなり強い武器を拾ったり買ったり出来るのも楽しかったです。
開始早々、水道に行って飛竜の槍、英雄の盾取ったり、お金を貯めて序盤でメルダシオ協会本部へ行って聖属性の武器を買う事で夜のバトルも戦えるようになったりと自由度が高いところが楽しめました!
これは元々ロマサガ系が好きな性格に合っていたからですね。

レベル差がある強敵に対して有効な料理を食べて武器属性を合わせて勝てたりするところなどすごく楽しめました!

バトルは仲間があんまり意味無くてバランスとかはイマイチですが主人公無双な感じでかっこよく戦えたのは良かったです!

自動的に仲間が写真を撮ってくれるシステムは面白いと思いましたし!

釣りゲーはかなり本格的で最初は「面倒なミニゲーム・・」って感じだったのですがハマって来てしまいましたw
これを誘導するための釣りサブクエのバランスも良かったです。

FFのナンバリングでは無くて発売前の過剰宣伝が無ければ神ゲー扱いだった気がします。

■最後に
かつてない長文になりました・・。
私にとってFF15は面白いゲームでしたが”FFとして満足は出来なかった作品”でした。

ローディングが長い、移動が面倒⇒終わったらもうやりたいと思えない と言う感じです。

ストレスなく快適に遊べるゲームの重要さ、私の中に眠っていた「FFとはこうあるべき」というものに気づけたことは良かったです。
そして繰り返しになりますが下村先生の素敵なBGMに出会えたことがとてもよかったです。

長文ですが全部読んでくれた方がいましたらありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

多くの点で同意できる内容でした。私もff好きでナンバリングほぼプレイしてますが、今作で感じたのは面白くはあるが名作ではないということ。ストーリーが後から補完されるのかもしれないですが、後半が端折りすぎて?なんのために旅をしているのかが分からなくなってしまって没入感落ちてしまったのが一番残念でした
ダブリン | URL | 2017/09/22/Fri 19:26 [編集]
>タブリンさん
まず長文を読んでくださりありがとうございます。
そしてコメントまで頂き感謝です。

本当にそうなんですよね。ゲームとしては”楽しいし”、クオリティとしては”名作”なんでしょうけど旅の意味がうーん・・・っていう。
私にとっての旅はまだ見ぬ魚(釣り)を追いかけ、、モブハントにあけくれ、ドッグタグ、かえる、鉱石を集めて・・といった感じでした。

最初のファントムソード集めて力を得るぞーはまだわかったのですが、これも途中で忘れ去られた感じで六神集めに代わって、しかも六神もリヴァイアサン以降はラッキー遭遇ですからね・・w

要所要所はすごく良いので勿体ないです。
かえで | URL | 2017/09/22/Fri 20:13 [編集]
DQ11に対する意見は控えるのに、FF15に対してはガンガン言いますねw
いやいや批判しているわけではなく、それだけDQ11が名作ということです。
自分も、DQ11に対する様々な思いはあるものの、それを世界に向けて
発信したいかと言えば、やはり躊躇いますね。
まあ、誰も何も言わないと改善できるところもできなくなりますけどね・・・

それはそうと、FF15の感想面白かったです。
自分は未プレイだったりしますが、端から見ても、自分の中の「FFらしさ」
というものが見当たらないので、特に暇が限られている現状では、
時間を割いてまでプレイしようということにはなかなかなりません。

思えば、往年の名シリーズも現在では変わってしまっているものが
多いですね。テイルズオブしかり、イースしかり・・・
新規ユーザーを巻きこみたかったり、開発人員の入れ替わりで
趣向が変わったりしても仕方ないでしょうが、そういうことなら、
一度シリーズを打ち切って、別名で再スタートしてほしいなと、
ついつい思ってしまいます。
ブランド力の問題もあるからそうもいかないかもしれませんが。

そういう意味では、初代から30年経たDQ11がしっかり「DQらしさ」を
維持しているのはすごいですね。

だらだらと失礼いたしました。
トリエン | URL | 2017/09/24/Sun 03:40 [編集]
コメント遅くなって申し訳ありません
>トリエンさん
コメントとても遅くなり申し訳ありません。
ブログは全体に公開なので言葉を選ぶのに時間がかかりますね。

忌憚なきコメントすごくうれしいです!!
DQ11についてはっきり言いにくいのはツイッターなりリンクでたどってくる方はDQ10好きでありDQ好きな方がメインだからなんです。
FFファンも多いとは思いますが発売からかなり経っているから良いかなとw

今回書いたのはDQ11の記事内で言いたかった「過去のユーザがDQと思っているものをDQ11で実現している」ということの対比になるからなんですよね。
やはりDQはなんだかんだで堀井さんがずっと関わっていることが影響していると思いました。
FFは坂口さんが抜けて頭も変わりスタッフもガンガン変わっているので原型をとどめていないですよね。
「らしさ」をプレイヤーに味あわせることってすごく難しくて重要だと感じました。

あとはFF15の記事の反対があるいみDQ11にかかるのですが「ストレスを感じさせない作り」など細部にこだわられていると思いました。
失礼ながら藤澤さんが関わっている部分のDQってストレスを感じさせる点が増えており彼は それ=楽しさ(やりがい)に繋がる という思想だったようですけど、その辺りの反省もされていると思いました。

コメント長文すいません!
かえで | URL | 2017/09/28/Thu 15:49 [編集]
やったことないけど、配信で見た感想と大体一緒な感じw

きっと「こんな場面を作りたい」で作って「どう繋げる?」ってとこまで作りこめなかったんでしょうね
でもFFってわりとそういうとこあると思ったりする
小さなエピソードを紡いで大きな物語に組み上げていくのはドラクエの方が上かな

FFはそのあたり荒削りでも他に魅力があればそれでいいような気がするんだけど「面倒」「ロードが長い」「単調な餅つき」と楽しさ生まない時間が多いのが一番問題なんじゃないかと思った
着地ゲームオーバーもノータイムですぐさまリトライだったらそこまで嫌われなかったかもしれない
プリン | URL | 2017/10/19/Thu 13:59 [編集]
ちょーちょーお久しぶりです!
かえでさん、お久しぶりです!
DQXでお世話になったアキです!
覚えてくれてるかな?(´・ω・`)

最近FF14をしててそれ関係で色んなブログ見てたらかえでさんの事を思い出して
昔のブログを読み返してたらまたブログを復活されてるとか!
懐かしくなってついコメントしちゃいましたw
アキ | URL | 2017/10/20/Fri 10:54 [編集]
Re:
プリンさん
構想は練っていたけどつなげられてないですね。
想像に任せるってレベルでも無いです。
これは声優を世界規模で使ってたりするコストなども関係あるのかなって思っちゃいます。

着陸ゲームオーバーはまさにそれ。リトライノータイムでやれれば全然マシですね。長いロード時間がイライラ助長します。

とにかく話に魅力無いんです。音楽は良かったけれどうまく使えてない気もしてます。

なんか勿体無いですよ!
かえで | URL | 2017/10/21/Sat 11:22 [編集]
Re: ちょーちょーお久しぶりです!
アキさん
!!!!
ちょーちょー覚えてますよおおお。
まさかコメントもらえるなんてたまにブログ更新してみるものですね。
ドラクエ11感想書きたくて一時的に書いてました。
ドラクエ11やりました?FF14やっているならやる暇なさそうねw
相変わらず前線なのが想像出来ますよ、楽しくやってるといいな。
たぴおかさんはFF14やってるみたいです、同じツイッター使ってるからまたフォローしてもいいかも。
アキさんのアカウントは違う用途で使ってるようで音信不通だったので連絡すごく嬉しいです。
かえで | URL | 2017/10/21/Sat 11:24 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © かえで のドラクエ10奮闘記&色々. all rights reserved.