ドラクエ10のプレイ日記、自己流攻略、レベル上げ方法、チーム活動について書いています。今はMH4、他ゲーム、その時の気分で色々書くかもしれません。

私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅣ~
26622861.jpg

もう12月・・。
時が経つのは早いものです。

今回は私とドラゴンクエストⅣです!

バックナンバーはコチラ
(過去記事参照:私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅡ~
(過去記事参照:私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅢ~




【はやく第5章に行きたい!!!楽しかった章構成】

本当にドラゴンクエストって毎回、毎回新しくなるんだ!
率直にそう思った本作でした。

章構成でそれぞれの仲間が主人公の物語。
そして導かれし者たちということで合流。。。

当時の私はこの設定だけで大満足でした♪

これも勇者の性別が選べましたが、女の子のパーマヘアが当時はあまり好きじゃなかったのでかっこよすぎる男勇者で!

長くなり過ぎないように各章の思い出をポイント抑えて書くと・・

■一章
やっぱりホイミンが最高♪
モンスターが仲間になるなんて素敵過ぎる。

余談ですが移植版のホイミンは呪文耐性、ホイミの消費MPの関係でかなり強いのですが、ファミコン版は割と弱いです・・w
でもホイミンは本当に良かったな~。


■二章

アリーナ姫素敵過ぎ!!!
強くて可愛い姫様ってすごい良い設定だと思いました。

コロシアムの音楽がとてつもなく良く出来て感動しましたね~。
控室だと音が小さく序章的な音楽で、中に入るとジャジャ~ンって豪勢!
ドラクエ10のコロシアムと同じ音楽ですね。
WiiU、PC版の前奏的な場所が控室の音楽でした。

コロシアムのバトルが印象的で、特にベロリンマンの演出はすごく楽しかったです♪
憎くもありましたけどね。

終わり方もすっごくびっくりする終わり方で続きがすごく気になりました・・!


■三章
これまたガラっとシステムが変わってびっくり!!
敵が落とす宝箱の中身がランダム!
そして自分の店を持って装備を売れる!

最初のプレイは「てつのきんこ」を持って裸で稼ぎに行ってましたね。

あとは雇ったスコットを有効利用する為、日が変わらない洞窟でずーっと戦っていたりしました。

2周目は、はじゃのつるぎ買い込みしたり、てつのきんこ、銀の女神像は取らずにクリアもしました。
「てつのきんこ」は5章では効果がなくて残念・・。



■四章
フィールド曲「ジプシーの旅」がとてつもなくいいのにさらに・・
戦闘曲が違う!!有名な「ジプシーダンス」ですね。
まさかの戦闘曲違いは震えました。

NPCのオーリンがとても強くて頼もしかったです。

「銀のタロット」で遊べたり物語の確信に迫る感じで本当に盛り上がりまくりでした。
キングレオによる強制全滅で、次戦うのはいつだろう!?と楽しみでしたね。



【第五章のストーリーに引きこまれまくり】

ドラゴンクエストⅢと違ってⅣは話に引き込まれました。
最初の魔物襲来から外に出た時に流れる初期の5章フィールド曲「勇者の故郷」は私のドラクエBGMランクベスト10には入る位好き♪

そして上手く出来ているのが各章と逆の順番で導かれし者たちと合流していく所。

まさかライアンが一番ラストに加わるとは・・!

その後は全員そろってBGMが「馬車のテーマ」に変わるのもかっこいいですね☆


【割と苦戦の戦闘・・】
敵が強いというよりAIで仲間が勝手に行動するのが意外に辛かったです。
MPがすぐなくなるので、「じゅもんつかうな」は命令の中でも特に頻度高く使っていました。
結局AI問題に絡みにくい肉弾戦メインのパーティーになりがちでした。

クリフトのザラキ使いまくりは有名ですし、本当に使いまくるからびっくりですよ。


【初のボス曲にドキドキ】
移植版と異なりファミコン版はボスも通常戦闘曲。
しかし中盤の重大なモンスター「エスターク」では特別なBGM「邪悪なるもの」が用意されており「おおおお」と感動しました。

この曲はラスボス進化前にも流れて凄く臨場感を高めてくれましたね・・。



【モンスターの演出に感動】
ドラゴンクエストⅣはモンスターがアクションを起こすのがとっても楽しかったです。

うざいのですが、メラゴーストがぴょんと飛んで分裂したり、スライムが8体集まってキングスライムになったり、マネマネがモシャスで自分達のドットになったり、ラスボスは壮大な変身を見せたりとファミコンでここまでやるのは子供ながらすごい!!と感動していました。


【エンディングで涙・・】
魔族の王が部下にだまされて最愛の人を失い憎悪に満ちた姿になっていき最後は勇者に倒される・・。
ゾーマ、シドーと違い非常に悲劇的悲しい気持ちになったのを覚えています。

エンディングのラストでは幻かもしれませんが故郷に戻った後に感動の再会、そして仲間達が来るところで本当にうるうるしてしまいました。

なお移植版の第6章的な話も私は好きです。
救済された感じで心がスッキリしました。
単純にピサロがかっこよくてかつ強いのも素敵でしたね☆
ラスボスや強力なライバルが一時的でも仲間になる展開は大好きなので嬉しかったです。


【個人的なDS版のポイント】
最後は割とどうでもいい話なのですが移植のDS版はメニューに顔アイコンが入りました。
このアイコンのルーシアがとっても可愛くてお気に入りなのです♪
気になった人はそこまで進めてみましょう☆



これもまだまだ書きたい事沢山あるのですが、短めにまとめてみました。
短くないってツッコミきそうですけどね・・♪

5章のバルザックに苦戦したのは今でも思い出せます。
移植版ではキングレオが異常に強くて苦しめられました(><)

それ以外はボスで苦戦した記憶は特にありません。

エンディングの「導かれし者たち」をBGMに気球で町をめぐっていく演出、各章の曲アレンジメドレーは素晴らしかったですね。

ドラクエ10はドラクエ4のキャラが多数出てきていますが、それ位、人気あるタイトルなのだと思います。

やっぱりドラゴンクエスト大好きだーーー(>▽<)

それでは、また!

オリジナルバナー

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
スポンサーサイト

私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅢ~
fc2blog_20131023084000d57.jpg

バラモスのDQ10での扱いが小物感満載で残念な かえでです。

今回はドラゴンクエスト3の思い出について!

バックナンバーはこちら!
(過去記事参照:私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅡ~


【名前を付けれて仲間を選べて世界地図を大冒険!!】

初めてのRPGだったドラゴンクエストⅡ挫折中に、「桃太郎伝説」というRPGをクリアしていたりしました。
これはキャラが自分のみでした。

ドラゴンクエストⅡは3キャラでしたが、どんどん仲間が増えて行くタイプ。

こんな経験の中でプレイしたドラゴンクエストⅢ!!

何がすごいって・・

主人公の性別が選べる!
仲間を最初から3人選べる!しかも名前が付けられる!!


この時点ですごいなと思いました。

同世代の人ならやったかもしれないのですが、パーティーの名前は自分の小学校での班のメンバーにしました。
4人で一組の班だったのでちょうどよかったです。

そして友達の名前を付けてプレイしているので感情移入がすごかったですね。

主人公が喋らない演出がすっごく合っていたと思います。

しかもマップを見ると現実の世界地図とほぼ同じ。
凄く広い世界を冒険すると言う事にとってもわくわくしました♪
フィールドBGMの「冒険の旅」のでカッコ良さもやばすぎました。

なお、ドラゴクエストⅢはファミコン神拳の攻略本を所持してのスタートだったのでオススメ構成の戦士、僧侶、魔法使い で始めました。



【絶妙なバランス!】

当時、バランスが良い・悪いという言葉を言える位、他ゲームをプレイしていたりしてなかったのですが、とってもゲームがスムーズに進んで、ちょうど装備を整えようとするとお金がもうちょっと欲しいなと思う感じだったりとバランスがいいと感じました。

ドラゴンクエストⅡと違って装備品が豊富ですし序盤は鉄シリーズ装備一式をそろえると見違えて強くなったりと買い物する楽しみがありました。


船を取った後は、テンタクルスが出る領域は明らかにまだ挑むのは早いと思わさせられたりと色々楽しめました。

そして昼と夜の概念があり同じ町、フィールドが別の顔を見せる・・・。
夜行くとどうなっているんだろう? と思わせる楽しみがありました。

船を取った後に自由に色々行けるのも楽しかったですね♪

空を飛べるラーミアに乗った時は、まさに感動・・。音楽が物悲しくて素敵でした。今でも大好きな曲の一つです。



【多くの呪文と絶大な効果!】

ドラゴンクエストⅡ(FC版)では、スクルト、ルカナン、マヌーサの呪文は正直効果があまり体感できず微妙な感じでした。。。

しかしドラゴンクエストⅢでは目に見えて効果が違う!!

マヌーサが効けばほとんどミスになるし、スクルト2回使えば喰らうダメージを大幅軽減出来る、ルカナンが入れば固いモンスターにも打撃が通る!

補助呪文がすごく効果的で色々な局面で助けられました。
アッサラームからイシスへ向かう時の、あばれざるにマヌーサなどは今でも印象的です。
と思いつつ一緒に出てくるキャットフライにマホトーンくらってピンチ!とかも記憶に新しいです。

じごくのハサミにスクルトされた時の絶望感も懐かしいです~。
ここでもキャットフライとセットでマホトーンされたらほぼ詰み!

MP消費コストと比べて単体のヒャド、メラミは非常に強く使いまくりましたね。
あとは何故かレベル26位に覚えるマヒャドのお役立ち度はすごかったです。
反面、ベギラゴンは余り使いませんでしたが・・。

そうそう!
ドラゴンクエストⅢはルカニ系を使うのが僧侶、スクルト系を使うのは魔法使いだったんですよ。
ドラクエ10プレイヤーから見ると違和感すごいですよね!




【レベルをあげられる喜び】

私がこれまでやっていたゲームはレベル上限が比較的早かったです。
※ドラクエ2はローレシア王子レベル50、桃太郎伝説45段

しかし、このゲームはレベル99まで上げる事が出来ますし転職でまたレベル1に戻りつつ覚えた呪文を引きつくという素晴らしいゲームでした♪

「さとりのしょ」を複数取るのは断念して、魔法使い、僧侶に転職して武闘家にしたりしました。
最終的に、はやぶさの剣が強すぎるので戦士にした方がいいと思い再転職したところでさすがにまた99まで上げるのが面倒になったことも良く覚えています。

はぐれメタルの経験値が前作と違って大幅に高く倒しにくかったのですがその分倒すと嬉しくてリムルダール周辺でずーっとレベル上げしていましたね。

ドラゴラム&ピオリムの組合せで2ターン目に一掃する流れを学校で自慢していたことがあります。
若すぎた・・w

倒し方は他モンスターにメダパニをかけて、モンスターの一撃ではぐれメタルを倒してもらったりするパターンもありましたね。
何故か敵の攻撃で、はぐれメタルには普通にダメージが通りました。
これらの倒し方は次回作で全て不可能になっているのがまた面白いです。

幸せの靴 を装備して無駄に歩き回ったりとネタは尽きません。
幸せの靴を利用したレベル上げやランシールバグは結構後に知ってそれを使って遊び直したりもしています♪



【まさに呪い~おきのどくですが、ぼうけんのしょはきえてしまいました~】

長い復活の呪文から解放された代わりに「ぼうけんのしょが消える!」という恐ろしい恐怖が生まれました。

「リセットを押しながらゆっくり電源を切る」はやる必要が無い以降シリーズでも行っていましたよ・・。

魔法の鍵を取った辺りで初めて冒険の書が消えて以来、1~3全てコピーして電源を切る時は取っても慎重にする事で以降は消えなかったですが、カセットを入れて一発で画面に映らなかったときの恐怖は忘れられませんね・・。



【そして伝説へ・・】

バラモスを倒した後にギガアの大穴からのアレフガルド・・。
私はドラゴンクエストⅠをやってなかったので、「おおおおおお、Ⅰへ繋がっている!?」とその時は思わなくて

「朝が来ない闇の世界!?かっこいいい!」
「敵がつよおおおいいい」
「音楽(広野を行く)が良すぎる・・。」
という印象でした。

といっても・・
「竜王のひまごが居たアレフガルドってⅠの舞台と聞いたような・・」
とは漠然とおもっていました。
ⅢってⅡの続きだから、竜王のさらに子供が反乱したのかな?っていう認識でしたね。

ローレシアとかロンダルキアとか無いのかなーって思った位。

アレフガルドからも話が思った以上に長く楽しめました。
はかいのつるぎ が店売りでびっくりしたり本来のドラゴンクエストⅠクリア済みプレイヤーと違う感動の仕方でしたね。
子供だったので、こんなものです!

英語もローマ字も読めない時だったので「TO BE CONTINUED DRAGONQUEST Ⅰ」の意味すら分かっていなかったという。。。

後で、おじさんと話したり友達と話してやっと納得と言う形で、このゲームはすごいなああと思いドラゴンクエストの虜になってしまいました。



【移植の完成度もヤバイ!】
この後、SFC版、GBC版がでてそれぞれ結構やりました。
移植版の出来がとても良くて新職業の盗賊、既存の商人に特技追加、すごろく場追加、性格システム追加。
そして新規に追加された曲が全て良い!!
冒頭の「まどろみのなかに」とバラモス戦いの「戦いのとき」は屈指の名曲でしょう!

GBC版はモンスターメダルというオワッテルくらいマゾイシステムがあり、155種類の銀を集めて(当然銅2枚交換利用)グランドゴーンからルビスの剣ゲットまでやりました。

集められた人は、全然見たこと無いですが、いたらベホマスライムのコインはマジできつかったよね!と言えば仲良くなれると思っています♪

SFC版、GBC版それぞれでこの記事の4倍位書きたい内容があるのですが、ここまでで長すぎるので割愛します(><)



ネクロゴンド、オーブ、ヤマタノオロチ、くさなぎのけん、捨てられない だいちのよろいなど書きたい内容がめちゃめちゃあったのですが終わらなくなるのでこの辺で!

ドラゴンクエストⅡをやったこともあり、すごくゲーム内容がわかりやすくバランスが調整されていると感じましたし、やりこみ要素もあり、やりこみ派(時間をかけての自己満足系やりこみ)の私の礎がここで出来たと思います。

ドラゴンクエストⅣでようやく発売日からプレイ組みになるのですが。それはまた別のお話。

長くなりまくってしまいましたが、お付き合いいただいた方ありがとうございました♪

それでは、また!

オリジナルバナー

ドラゴンクエストX ブログランキングへ


私とドラゴンクエストシリーズ~ドラゴンクエストⅡ~
ニコイラストはごろも人間

「私とモンスターハンター」とか書いてる位なら「私とドラゴンクエスト」が先でしょおおおとツッコミを頂きました。
確かにその通り!

今回は「私とドラゴンクエスト」ということで、ドラゴンクエストⅡについてです♪


ちなみに今回のTOP画像が、水のはごろもなのはドラゴンクエスト2の最強防具(サマルトリア王子&ムーンブルク王女)は水のはごろもだからです。



【初めてプレイしたドラゴンクエストはドラゴンクエストⅡ(FC版)!】

当時、ドラゴンクエストⅢが社会現象となり盛り上がっていた頃・・。
その頃に私はドラゴンクエストⅡを始めました。

親戚のおじさんがⅢを購入した為、Ⅱを貸してくれたのです。

ちなみに私は親に「ドラゴンクエストⅢが欲しい」と言ったのですが、手渡されたのが「ドラゴンクエストⅡ」だったというわけです・・・。

周りの話題だったから「ドラゴンクエストⅢ」をやりたかったのですが、
「これをクリアしない限りⅢは、やってはいけない!!」
と親に言われてまずやろうと言う事になりました。

ちなみにこれがRPGデビュー作品だったりします。



【すべてが新鮮だったRPG!!】

学校の友人に、早速「ドラゴンクエストⅡ」を借りたからやってみる~!と話した所

誰ひとりとしてクリアしている人はいなかった・・・( ゚д゚)


それにドラゴンクエストⅢに夢中の人が多かったですね。

こんな中で始めたドラゴンクエストⅡです。

RPGが初めてでネットの攻略、聞ける人も居ない状態でとっても新鮮でした!
やっていたゲームってスーパーマリオ、マージャン(親が持っていてよくわからずやってたw)、アイスクライマー、ドラえもんくらいだったので本当に新しかったです。

何よりもフィールドの音楽「遥かなる旅路」がかっこよすぎましたねーー。

タイマンでホイミスライムと戦って全く勝てなかったのも今となっては良い思い出。

サマルトリアの王子を仲間にする所の、おつかいも普通の楽しめましたね!
今だったら面倒~とか思っていそうです。

「ふっかつのじゅもん」を親と一緒にメモりました。
テレビの関係で、濁点と半濁点が区別つきづらくて泣いたこともしばしば(Ω□Ω)
今となってはいい思い出・・?でもないね!!



【恐るべき難易度 詰まった場所の数々・・】

自分しかやっていないゲームですが、本気で詰まって、本気で悩んで、それを解消した時の達成感は半端じゃなかったです!

私が詰まった難関一覧
1.トラウマモンスターその1「マンドリル」

マンドリル達が現れた!
⇒マンドリル×3


ムーンペタに行く途中のマンドリルの絶望感は今でも忘れられません。
以降のシリーズに出て無いですが場所的にシリーズ屈指の強敵だと思っています。
3体に、逃げるでまわり囲まれたら全滅パターンです。

多分、分かる人は分かると思う!

2.「ラーの鏡」の入手方法が全然わからなった!!

橋が4つ見える場所を探すのがすごいつらかったです。
まさか毒の沼地なんて・・。
これって今の時代に同じレベルのヒントだったら絶対取れていないと思う。

3.トラウマモンスターその2「ドラゴンフライ」

大灯台と言えば、ボスのグレムリンよりこいつですよね?
×5で登場した時の全滅ほぼ確定感は半端じゃないです。

炎×5喰らったら生きては帰れません・・。

4.ロンダルキアの洞窟の無限ループ

最後の内陸に向かう為の洞窟。
「ロンダルキアの洞窟」。
有名な難所として落とし穴地獄とかあるのですが、そこは壁伝いに歩く事で問題が解決出来る事は割と早く分かりました。

問題は最後の階層の無限ループ!!

まず、頭に無限ループという発想がありません。
なので、同じような場所が続くな~と思っていました・・。

なお、ここで出てくるキラーマシン、ドラゴンは屈指の強さ。
はぐれメタルすら脅威に感じるのは、このゲームだけでは!?


ここでしばらくこのゲームを放置しました。
しばらくお休みを頂き、再開した時はスケッチブックでマップを書いてようやく突破出来ました。

ここを出て雪原地帯になった時の感動は忘れられません!!

そして直後にサイクロプスが出てきて全滅した事も今となっては良い・・いや今でも辛い思い出です(Ω□Ω)


5.恐怖の呪文 ザラキ、メガンテ


ロンダルキアの大地に出現するモンスターは恐ろしく協力。
特に即死を繰り出すブリザード、デビルロードは凶悪そのものでした。

ブリザードのザラキ、デビルロードのメガンテに何度泣いた事か・・。

しかし、まさに最後の舞台にふさわしい緊張感でしたね~。


6.偽りのクリア~ハーゴンの神殿で気づかなかった事~


ハーゴンの神殿で「ルビスのまもり」を使って幻影を破るのは想像がついていて、しっかり出来ました。

問題はその後です。


玉座にいたデビルロードを倒して、これがラスボスだと勘違いしていました・・

というかハーゴンの神殿の十字架真ん中で「じゃしんのぞう」を使うって完全ノーヒントですよね!?
どうやって、みんな分かったのですかーーーー


ドラゴンクエストⅡの公式攻略本を見たら、「じゃしんのぞう」をズバリ使うことは書いてなかったのですが、ヒントとなる文章。
なにより見た事が無い「アトラス」「バズズ」「ベリアル」の写真があって気づきました・・・。

ドラクエ10で人気のアトラスさんですが、一人を集中的に狙うと言う特徴がドラクエⅡにはありサマルトリア、ムーンブルクが殺されやすくて本気で辛かったです・・・

27417517.jpg



【感動のクリア!~この道、我が旅~】

ハーゴンを倒して帰ろうとしたらシドーが登場して再び全滅・・。

怒涛のボスラッシュはすごいものがありました。

ここまで来るとシドーを倒して城に帰ってもまだボスがいるのではないか!?と疑うレベルに達していました・・

最後はエンディング曲~この道、我が旅~が流れてクリア♪
当時、曲名は勿論知らなかったですが、非常に印象的だったのを覚えています。

それでも当時ゲームでぱっと思い出すモンスターって「マンドリル×3」だったなあと感じる辺り笑えます(^▽^)


そしてドラゴンクエストⅡをクリアして一番思った事・・・
「ドラゴンクエストって、すっっっっごくむずかしいいい!!!(×△×)」

この経験を得て、ドラゴンクエストⅢに挑むことになるのでした・・・。




思い出深いドラゴンクエストⅡの話なのですっごっく長くなってしまいすいません。
これでも文章を削っているからやばいですね!

こんな事を言ってますが、ドラゴンクエストⅡは大好きです。
悪霊の神々3人衆はレギュラー化している辺り、ドラゴンクエストⅡは人気があるのかな!?

でも、ハーゴンの神殿で「じゃしんのぞう」を使うのは普通分からないと思う・・(まだいうか!)

それでは、また!

オリジナルバナー

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
Copyright © かえで のドラクエ10奮闘記&色々. all rights reserved.